岩手北三陸「洋野町」の特産品販売!

  
RSS ATOM

洋野町産行者にんにく入りお豆腐のたれ

650円(税込)

販売価格

650円(税込)

購入数


行者にんにくは、山奥で厳しい修行をしていた修行者たちが、荒行に耐える強壮薬として香りがにんにくに似ていた草を食べた事から名づけられたと言われています


「幻の山菜」といわれる理由は、種が落ちて芽を出し収穫できるまでには少なくとも3〜4年かかり、環境にもよりますが、太く上質な行者にんにくを収穫するには5〜7年待たなければなりません また、1度採ると次の年には細くなり、収穫できるまでにはさらに数年かかります


この様にとても時間がかかり、収穫の効率もとても厳しいものだから「幻の山菜」と呼ばれています


−行者にんにくの健康効果−

行者にんにくに含まれる硫化アリルはビタミンB1と一緒に摂取することで新陳代謝を活発にし、疲労回復や神経の鎮静化、不眠症までも改善してくれます

また、硫化アリルは、血液凝固を遅らせる働きがあるので、血液をサラサラにするだけでなく血液中の脂質を減らす働きもあるため硫化アリルは糖尿病・高血圧・動脈硬化等の予防に有効だとされています


名 称:つゆ(希釈用)

原材料:しょうゆ・砂糖・行者にんにく・みりん・かつお削り節・食塩・かつお節エキス・こんぶエキス(原材料の一部に小麦・大豆を含む)

内容量:150ml

賞味期限:ラベルに記載

保存方法:直射日光を避け常温保存

販売者:間澤 智子